神奈川県のお悩み相談。アダルトチルドレン、パートナーシップのことならラブバンドル

ブログ

インナーチャイルドは被害者では無い

子どもって自己中心的です。

でも、この自己中心的ってのは「エゴイスト」という

意味ではないんです。

全部、自分に結び付けて考えるってことなんです。

・あの人が笑ったのは、自分のことを笑ったのか?

・先生がAちゃんをほめたのは、わたしがダメってことを言ってるのか?

・弟をだっこしているのはわたしより弟がかわいいからか?

子どもの物事のとらえ方って実はとても一面的です。

・いい者と悪者がはっきり分かれているし

・AちゃんがBちゃんと喧嘩したから親友であるわたしも

 Bちゃん好きだけど絶交しなくちゃ。

そして1つのことを一般化してしまう。

・「みんな」わたしのこと嫌ってるんだ。

・「いつも」わたしには怒るんだ。

・「絶対」言うこときいてくれないんだよ。

だから子どもが悪い、あなたが悪いって犯人さがさないでね。

そうじゃなくて、幼さゆえに極論に走ることがあるって

知ってほしいんです。

虐待とか親の愛情不足、親自身の劣等感からの

インナーチャイルドの傷とともに

自分で自分を苦しくさせるアイディアを

子どもの自分自身が採用しているゆえの傷もあるんです

どうせ誰も愛してくれないとか

人は裏切るとかね

愛されたいから怒っていじけて

親を悪者にしちゃった部分もあるんだよね

だって子どもだったんだもん

愛されたいんだもんね

けなげでかわいい子どもの自分を迎えにいきましょう

自分自身と仲直りしましょう

Copyright © mubyoshi.com All rights reserved.