神奈川県のお悩み相談。アダルトチルドレン、パートナーシップのことならラブバンドル

ブログ

ウラゆき通信VOL8

本日VOL9が発信されましたので
8をここに貼ります。

おとめ座の新月にこんばんは

ウラゆきこです。

日本からは見られませんでしたが

金冠日蝕だったそうですね。

日蝕は新月の大きいやつですから

今回の新月はパワフルですねえ。

これから半年にかけての分岐点のような日ですね。

おとめ座の新月っていかがでした?

けっこう痛いところにピンポイントできません?

ナイーブ。不安。

神経に触るよね(笑)

29日から水星が逆行しています。

勘違い、思い違い、言葉のチョイスの間違い

イライラしやすさに注意です。

でも、怖がらないでね。

必要なことが起こってる。

わたしも高校時代の友人に会うことになったのよね。

わたしの高校時代って暗黒の思い出、黒歴史で。

そこに向き合うって案外きっつい。(~_~;)

でもね、こういう時って

越えていくタイミングなんですよね。

宇宙の応援が入っているの。

やってくるものに抗わないことが

運を味方につけるのに大事です。

神様や宇宙が動く時には自然も動くし

自然の一部の人間も影響されるね。

満月や新月の日は大潮の日ですね。

地球と太陽と月が並ぶから引力で

水が引っ張られて大きな引き潮や満ち潮になる。

身体の70%近くが水の人間も影響を

受けるのは当然なわけですね。

自分の思いとか願いと違う時

ついがっかりしてしまうのが人間なんですが

もしかしたら、人間には動かせない方法で

現実がじわじわ変化して願いに

近づいているかもしれません。

最近、フェイスブックなどで1年前の記事が

表示されることがあるのですが

過去記事を読んでいると

昔、願っていたことが

叶っていることに驚きます。

自分でハンドルを握ること

自分のやり方にこだわることを

手放してみると案外うまくいくことが多くて

水星の逆行とか、思う通りにいかないことが

実はそういう手放しに役だっていたり

するんですね。

コンサルでお世話になっている鈴木萌子さんが

「理不尽は、あなたの器を広くする」と

書いていたけれど本当にそうですね。

子ども時代の体育会系部活動とか

お兄ちゃんとの関係とか

理不尽なことはたくさんあるけれど

お兄ちゃんってたとえば、TVゲーム

「パワフルプロ野球」がうまくいかない時

関係ない妹のせいにしたり

お姉ちゃんが妹を

お母さんからお小遣いをもらうために

「○○ちゃんがアイス食べたいって」

とか使ったりします。

悔しいね。でも、それを受け容れることが

できるから第2子や第3子の方が

人間関係をうまくやれたりする。

思う通りにいかないことに慣れているから

いちいち腹を立てずに流せるのよね。

許容量が大きいというか。

でね、これができると人生も人間関係も楽ね。

社会なんて思い通りにいかないことばかり

他人も思う通りには動いてはくれない。

正しさでは人は動いてくれない。

でも、そういうものだって思えていたら

不満をためたり、文句を言うのではなく

その中でたまに訪れる親切に感謝が

できたり、喜べたりするよね。

長男長女はどこか、

親が手をかけてくれることに慣れていて、

また親も真面目に育てるので

どこか生真面目で

ちゃんとしようとするので

社会の理不尽さに傷ついてしまいがち。

起きたことをそのまま

「まあ、こんなもんだよね」

「ま、いいか」って思えたら

真面目な長男、長女さんたちは

かなり楽に生きられると思いますよ。

****************************

インドの聖者シュリ・バガヴァンの奥様の

アンマの言葉をみなさんにもシェアしたいと思います。

「それをリストにする」

何かする、または、世話する必要を

それをリストにしなさい。

いいえ、あなたのリストではありません。

わたしがするリストをつけなさい。

わたしにその問題の世話をする者にさせなさい。

あなたがそれをわたしに譲るまで

あなたを助けることができません。

私がするリストが長かろうが

私は何と言っても神です。

あなたを私の手の中に入れて

どんなことでも面倒を見ます。

事実、その真実を本当に知るならば

私はあなたが今まで気づきもしなたったことを

あなた方のためにたくさん面倒をみているのです。

******************

アンマもバガヴァンもアヴァターです。

現人神ですので

人を自分に従わせようと思っていません。

実際に会ったら圧倒的な愛の存在です。

わたしがこれを紹介したのは「神様」と

呼ばれる存在がどれだけわたし達を助けたいと

思ってくれているのか

愛してくれているのかを

知ってもらいたいと思ったからです。

わたし達のような小さなエゴ

すごいと思われたいとか尊敬されたいとか

そういうものが無い存在でした。

そういう方々が面倒を見てくれるので

わたし達は大手を振って

「ああしたい、こうしたい」

「ああなりたい、こうなりたい」と

子どものように願っていいんです。

ただ、それがやってくるルートや順番は

自分のコントロールを手放して

待つことが大切だと思います。

今日もお読みいただきありがとうございます。

 

Copyright © mubyoshi.com All rights reserved.