神奈川県のお悩み相談。アダルトチルドレン、パートナーシップのことならラブバンドル

ブログ

子どもに期待してしまう自分を責めてしまうお母さんへ

わたしは子どもに期待してしまうって

もし、自分を責めてしまう人がいたら・・・

責めなくていいんですからね。

だって期待しちゃう自分がありのままの自分。

「あーわたしったら自分に都合よく

自慢の息子をつくろうとしているなあ」って

氣がついていてください。

変えようとしなくていいんです。

思った通りにいかなくてがっかりした時にも

がっかりしていいんですよ。

「あー思惑はずれちゃった。がっかり」って。

心の中で何を思ったっていいんですから。

ただ、自分がこうやって自由にものを思うことを

変えようとせず許すことです。

これをちゃんとしてください。

自分に正直っていうのはこういうことなのです。

理想的な自分になろうとしないでください。

変わろうとしないでください。

自分の狡さ、図々しさ、甘え、他力本願、見栄、支配欲

承認欲求、醜いものすべてを変えようとしないで

そのまま見ていてください。

裁かないで、責めないで。

自分にあるものをありのまま見つめ許す。

そしたら人に期待しなくなります。

人の自由も許せます。

きれいごと、ポジティブワードを連呼する人は

これができていない人が多いんですよね。

ありのままの自分の醜さを見ていないし

ありのままの自分を許し、愛していないんです。

まず、自分を愛しましょうってよく言うでしょ?

あなたが考える醜い自分を愛することが

あなたが満たされるために

あなたがやるべきことなんですよ。

Copyright © mubyoshi.com All rights reserved.